税務署に出す書類を作ってもらおう

税理士がしてくれること

税務署に出す書類の代筆を、税理士は受け追っています。
会社だけでなく個人でも利用する機会が多いので、どこに税理士がいるのか調べておきましょう。
自分で書類を書こうと思っても、予想以上に複雑で書き終わるのに時間が掛かってしまうかもしれません。
提出期限が決められているので、その日までに書類を書いて出さなければいけません。

1日でも締め切りを過ぎたらいけないので、間に合いそうにないと感じたら税理士に相談してください。
税理士は、書類を書くことに慣れています。
ですから短時間で書き終わるので、締め切りが近い時でも安心できるでしょう。
しかし混雑している時期は、完了まで遅れるかもしれません。
油断しないで、早めに連絡しましょう。

間違えないで書こう

書類は、間違えないで書かなければいけません。
間違えた場合はそこでやり直しになります。
書類をもらいに何度も税務署に行くのは面倒ですし、時間も掛かります。
書き慣れていない書類や、書き方がわからないものは税理士に任せた方が良いでしょう。
間違ったままの書類を提出すると、後からトラブルが起こる可能性があります。

脱税などを疑われる危険性があるので、書類を書く時は間違えないよう集中してください。
しかし、他にもやらなければいけないことがあると思います。
税理士に書類を任せると、他のことに使える時間が増えます。
時間を有効に使うため、税理士に連絡しましょう。
特に確定申告の時期はいつもより混みやすいので、注意してください。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c